産後の薄毛や抜け毛を防ぐにはどうしたらよいか

産後は多くの女性が薄毛や抜け毛に悩まされます。
髪の毛を軽く引っ張るだけでスルスルと抜けていく。
最初のうちは何だか楽しくて髪の毛を引っ張って遊んでいたけど、いつまで経っても抜け毛が止まらないので、もしかして自分はまだ30代なのにこのまま薄毛へまっしぐらなのではないかと薄毛の悩みに心配で眠れない人もいるかもしれません。
そもそも産後はどうして抜け毛が増え、髪が薄くなるのでしょうか。

薄毛や抜け毛を防ぐ方法はないのでしょうか。
調べていくうちに意外な事実がわかりました。
実は妊娠中は髪の量が増えていくらしいのです。
お腹の赤ちゃんに栄養を持っていかれるので、調べる前は妊娠中は髪の毛が薄くなるというイメージを持っていたののですが実際にはその逆だったんですね。
黄体ホルモンの影響で妊娠中の身体は水分や栄養素をため込もうとするので、髪が成長しやすくなるのです。
産後は逆に、妊娠中に増えた髪がごっそりと抜け落ちてしまいます。もっと具体的に言うと産後は黄体ホルモンが減少するので、抜け毛が増えると同時に髪のハリやコシも失われてしまうのです。
産後の抜け毛を予防するにはまず十分睡眠を取って、ストレスをためないこと。そして、産後太りが気になるからといって無理なダイエットは厳禁です。
ビタミンB群亜鉛や鉄を多めに含んだバランスのよい食事をしましょう。
最近は女性ホルモンと似た働きをする成分が配合された薄毛対策になる育毛剤もあるようなので、まだ若く20代や30代だという方でもそのような商品を試してみるのもいいですね。
女性の薄毛対策で30代ならコチラ